文芸サークルClock blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/28の活動

 どうもこんばんは、えんぞうです。ペンネームは未だ決まっておりません。

 本日の活動について、まず素数大富豪から話させてください。

 じつはこれはサークルの活動でも何でもなく、始まるまでの暇つぶしとしてメンバの先輩が持ち込んできたトランプゲームでした。活ログの冒頭に書くのはいかがなものかとは思いましたが、ここから活動は始まっていたのではないかと私は密かに疑っており、それは理由でも何でもなく単純によくできたゲームだなあと感心したというのが理由です。気になった方はルールを検索などしてください。

 まず1戦目を鮮やかに制したのはこの僕です。いや本当に素晴らしい勝ち方でしたね。続く2戦目も圧巻のチャンピオンぶりを見せるかと思いきや惜しくも敗北。自信を失い自棄を起こす彼。そこに姿を現したのは旧素数大富豪「ナンバー・オールドプライム」。旧大富豪は彼にある言葉を残す。そして再び彼の覇道が始まるのであった・・・

 本日は「彼と実験と金曜日」「第十六回新雅祭報告書」「新しい秩序のための有意義な取材」の3作品の感想会でした。
 
 まずは「彼と実験と金曜日」。僕のです。なかなかうまく終わらせることができず、最後の最後まで悩んでいたので今日の感想会はどんなことを指摘されるんだろうと戦々恐々としていたんですが、いつもの辛口は身を潜め、大変穏やかに終わりました。なんだか肩すかしを食らった感じです。
 やはり森見先生に似てしまうのは仕方がないというか、森見先生は大好きなのでむしろその指摘は非常に嬉しかったです。今度サイン会に行こうかなと考えております。今から緊張してましてですね…
 とは言っても「面白い」といっていただけたので大変ありがたい、励みになります。
 
 自分の作品についてなのでちょっと長めになりました。次の作品は「第十六回新雅祭報告書」。「神様」が出てきてなんやかんやあります。詳しい内容は11/19.20日に開催される理大祭にて部誌を買って読んでみてください。
 これもまあ穏やかに終わったといえるのでしょうか、しかし実際設定自体が面白いものだったので特に指摘する部分もなかったのでしょう。次回作への期待が高まります。

 しかし本日一番の議論のテーマはこの時点ですでに提示されていたのです。

 最後は「新しい秩序のための有意義な取材」。ここから「神」と「人間」、そこから発展して「決定論」などなどメンバーを巻き込んだアツい議論が展開されました。そりゃあもう生き生きとしていましたよ。僕はあまりついて行けず、やっと分かったと思ったら議論は次へ次へと進んでいるのでした。
 しかしそれでも議論し足りない様子。僕の作品でこういう議論が交わされなかったのは、散々議論され尽くされたような、実に平坦で明るい娯楽文学にとどまっていたからではないかと思うところであります。こういう議論の場を提供できるような作品を書いてみたいです。いや本当にうらやましい。人間やめたいなとは常々思っていたところなのです。

 と、言うことで次回作には「神」をだそうかなと考えております。すでにコワイ。考えだけで終わってしまったら申し訳ないのですが、もしあげたらそのときはアツいやつ、頼みます! 

 以上、えんぞうでした!

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://clubclock110.blog57.fc2.com/tb.php/457-7a547a90

 | HOME | 

プロフィール

clubclock

clubclock

文芸サークルClockのblogへ
ようこそ!
いろんな書き描き創作活動で
のんびりとしぶとく活動中!
あっと↓
東京理科大学 
野田キャンパス


旧ホームページ


clock@wiki


clock@twitter


メールアドレス:
Literature-club-clock@hotmail.co.jp
↑@を半角に変換して下さい

FC2Ad

カテゴリ

カレンダー

« | 2017-03 | »
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。